光触媒コーティングとは?

光触媒コーティングとは、文字通り光触媒を用いたコーティングです。
光触媒作用は、太陽光や蛍光灯・LEDなどの光を吸収し、強い抗菌・防汚・消臭を発揮します。
一般的な消毒や除菌では菌の繁殖を抑制するようなものが多いのに対し、光触媒は原因となる菌やウイルスの根本から分解して削除します。また、ホルムアルデヒド、ベンゼントルエン、メタンなどのVOC(揮発性有機化合物)は、
酸化チタン粒子表面で酸化分解され、無害な二酸化炭素(CO2)と水(H2O)となります。

光エネルギーが酸化チタン超微粒子の中で変換され、スーパーオキサイド (0) を生成し、
水中ではH20からヒドロキシラジカル(OH-)生成します。

光触媒のメリット

証明された安全性

酸化チタンは、国際検査機関であるSGSとTUVにて試験を行い、重金属や禁止されている物質を含まないという証明書を受けています。
FDA(アメリカ食品医薬品局)やEU圏でも食品添加物として認可されています。

介護施設や病院などの公共施設でも採用

光触媒コーティングは高い性能により、一般の家庭だけでなく介護施設や病院などの施設でも採用され、施工を行っております。
化学汚染物質やウイルスにも反応し分解をすることで、衛生的な環境を保ちます。

照明の光でも効果を発揮!

次世代光触媒コーティングは室内の光でも効果を発揮するため、屋内での使用が可能です。汚れを予防したい所、菌の繁殖を予防したい所に簡単に施工することができます。
漂白剤などの成分である次亜塩素酸などにも強いため、菌の繁殖が気になる水回りなどにも施工可能です。

あらゆる場所で施工可能!

次世代光触媒は粒子の大きさが約2nmという非常に微小な粒子のため、様々な場所で施工可能です。
エアコンや車内など、空気の入れ替わりが激しい場所でも施工可能!さらに人畜無害なため、小さなお子さんやペットなどが触れるテーブルなどにも使用することができます。

コーティングに適している場所

光触媒は日光、室内光が当たる箇所ならどのような場所でもその効果を発揮します。中でも以下の場所は施工に適しています。

  • 住宅内装
  • 飲食店内
  • 家具
  • 家電
  • 医療施設・福祉施設
  • 車コーティング
  • キッチン・トイレなどの水回り

身の回りのものなど日常生活でよく触れることが多い場所に施工することで、光触媒コーティングの除菌・抗菌力をより活かすことができます。テーブルなど小さいお子さんが触る場所を施工することで安心して過ごせる空間になります。

驚異の持続性

光触媒コーティングはどんな場所でも施工可能でさらに非常に持続性が高く非常に効果的です。

次世代光触媒の抗菌力

次世代光触媒は日常的に使用する物でも施工可能です。光が当たることで抗菌、消臭効果を発揮し、生活を清潔に保ちます。

次世代光触媒ナノティオテクト

株式会社LMPでは次世代光触媒ナノティオテクトを使用して施工しています。
次世代光触媒ナノティオテクトのサイズは従来の酸化チタン光触媒と比較して50分の1のサイズで、その超微粒子は重力に影響されず、分子間力によってあらゆる物質の表面に粒子自身の力で付着・結合するため、施工に糊が必要ありません。従来の酸化チタン光触媒は白い粉末のため、均一に吹き付けることが難しく、色の濃い施工面には向いていませんでした。それに対して新型酸化チタン光触媒は水溶液のため、薄く均一に吹き付けることができるため、施工面の色合いを変えません。

また新型参加チタン光触媒により酸化分解された有機物は無害なCO2とH2Oになります。医療品や化粧品などにも使用されていて、重金属や禁止物質を含まないため、高い安全性を所持しています。新型酸化チタン光触媒は施工30分後から効果を発揮、1年以上経過してもその効果は持続します。

施工事例

古河総合病院 様

施工前と施工後のウイルス・細菌の数値比較